Featuring ARTIST

RITTO, TA-DA (HiNaLow)

沖縄のレーベル「赤土」よりレペゼン人間!RITTO、2MCユニット「HiNaLow」の1/2、TA-DA。沖縄のレーベル「赤土」、島根のレーベル「√9」、リリースから10年をそれぞれ迎えるコラボレート作品として残す音源を只今制作中。

Artist: 描生

画家・グラフィックデザイナー、グラフィティーアートの自由でオリジナリティ溢れるスタイルとハングリーな精神に魅了されストリートカルチャーに強い影響を受ける。授業中に絵を描く姿から教師にビョーキとよばれ、それがペンネームのルーツになる。2005年 「描く」=「生きる」描生(Byouki)として「Lifeを描き残す」をテーマにポストカードの制作を始める2016年に作品集「描生」をリリース。以後、精力的にLIVEPAINTを行い、様々な場所で展示会を開催している。アートのもつポジティブなパワーとセラピーを作品に込め、ストリートアートをルーツに独自の絵画制作に取り組んでいる。

Photographer: JYUNYA FUJIMOTO

大阪在住のフォトグラファー。初期衝動は友人の影響で手に取ったカメラ。クラブDJやライブパフォーマンスに魅了され自身も写真を撮る事に。今ではレギュラーパーティーをはじめ多方面のイベントにて撮影活動をしている。

(上/ Coumoly) 符和 Feat. Coumoly & HandsomeBoy - 黄昏

音楽性はまるで天と地、剛と柔、太陽と月、父と母、陰と陽。時代は変われど色あせない言葉と音の描写。枠にとらわれないミュージックラバー独自の多様性。鳥取という自然豊かな空、海、山で育まれた彼らの世界感は唯一無二で、忘れがちだが当たり前の大切な言霊がちりばめられている。

(中/ JAKE) 「JAKE - I'm Your HERO」Prod.by Michita【Official Music Video】

平成元年 山陰鳥取生まれ 2007年MICを握る。地元で精力的にライブ活動を行う中、2009年地元を背に京都へ これを機に活躍の場を関西へと拡げる。2015年地元に拠点を因幡レコード設立 超現場型、真っ直ぐに突き刺さるlyricを武器に現在は全国各地を飛び回っている またFREE STYLE MC BATTLE UMBに島根、鳥取の代表として3年連続本戦出場を果たすなど、活動の幅を拡げている。

(下/ O.G.K) O.G.K - Remix【MV】 

その力強い声と声量、ユーモア溢れる楽曲とLIVE STYLEには若者だけでなく中高年からも高い評価を受けている。田舎町の小さな祭から大祭、バスケットボール大会でのMC、保育園や介護施設、学園祭から成人式でのLIVE、山陰圏内のテレビやラジオ出演、クラブやライブハウスだけにとどまらず精力的に活動中。2017年、鳥取盲学校に特別音楽講師として招かれ子供たちとセッションや制作を行ないLIVEも成功させた。2018年にはフジテレビ"めざましテレビ"に生出演しラップを披露。O.G.Kは市とStreetから支持を得る数少ないラッパーである。現在3枚目のFULLALBUMを製作中。

賢明 (Bass) / Gorilla Head (Guitar)

LEFT/ 賢明 (Bass) 

愛知は西尾生まれ。1996年大阪にてBassと出会う。RockやHipHopからストリートの精神と、Reggae・Afro・LatinといったRoots MusicからGrooveの真髄を吸収。One Loopの唯一無二なBassに目覚める。大阪発Afrobeatバンド・BUNVESTOROに参加。BUNBUN the MCとのコラボレーション曲「Feel Like Insects」は大きな反響を呼び、Gilles PetersonのBBC Radio 1で取り上げられ、海外でも話題となった。その後現在は大阪を拠点に活動する5人組Afroバンド「amanita」でベースを持つ。同様に3ピース HipHopバンド「Dig.Dug」のベーシストとしても活動中。関西屈指のGrooveMakerとして、フロアを徹底的に揺らし続ける。

RIGHT/ Gorilla Head (Guitar)

13歳の時にギターを始める。15歳でオザキショージ氏に師事。そこで音楽理論、演奏技術を学ぶ。その後、田村和孝氏に師事しJazzを学ぶ。ギターを始める同時期に作曲も始め、オザキショージ氏の助言もありシーケンサーやMTRを使ったDTM、18歳頃からコンピュータを導入しDAWでの楽曲制作を独学で学ぶ。23歳単身渡米。カリフォルニア州ロサンゼルスにて音楽活動を始める。そこでUP-Show,SyuyaとReggaeシンガーShine Headのバックバンドでドラマーを務めるMR KEEZらとreggae band「New Hempshires」を結成。ロサンゼルスを中心にライブや楽曲制作を行う。帰国後大阪に拠点を移し、民族楽器を交えたジャムバンド「Peanut butter jam sound」を結成。大阪、兵庫、京都などの野外パーティーやライブハウスで活動中。2017年からA seh one tonesに加入し、Chan Mika,Jing Teng,のバックバンドを務る。今年はKing Yellowmanのツアーにも参加。また、looperを使用しその場ビートを作り出して演奏するスタイルで、自身のソロ名義「Gorilla Head」としても活動中。

Film & by falcon

平成元年生まれ、因幡レコード所属のVideographer。これまでに山陰各地のMCやBANDのMUSIC VIDEOをジャンル問わず幅広く制作。それぞれのアーティストの魅力を引き出すのを得意とする。彼のフィルターを通した作品は見る人の心に残る作品になるだろう。

COCKROACHEEE'z

調子どう?homie 俺達は相変わらずな感じ 街が人にみせるインスタントな甘い夢 どうかしちまう前にどうにかする為 音楽が必要だ 退屈を埋める渦巻く霧 音の塊と moodな煙手招きするあやかしにまやかし やらかしに過ち 小賢しさは無しで巡らす思考 やさぐれりゃ黄昏る やめときな自己嫌悪 子供の頃言われた事の大半が綺麗事で戯言 自分の事を疑わす全体主義使い捨てられてくハート 余裕で不条理 マジめんどくせえ BBQしようぜ 信じろ自分のreal TIME UPは無しでこのlifeをrep 俺達のstyleを鳴らす デカイ音で ただそれだけ 明日はお前の街で これは雲出ル国ノ符和の十発目 JMRから COCKROACHEEE'zが一花添えさせてもらうぜ

【MV】COCKROACHEEE'z-Lemon sour vomit-

【MV】COCKROACHEEE'z -Poor BRAIN-

LAZY

1986 五黄の寅 通称ミスターバイブス バトルで培ったライミングと独自の感性からでるフロウは各地のローカルヘッズ達を確実にロックする。ソロとしての正式なリリースこそ無いものの、各地の現場でのライブで圧倒的な存在感を示す。また、ソロとは別で同じ広島出身のラッパーZAOとのコンビ「Bad Monday」、広島が誇るラッパー集団「MVJIMOB」のメンバーとしても活動中。

【i-Tunes】Bad Monday

【MV】ToujouT / Bad Monday

HI-JET

広島県福山市出身。井上陽水とTHE BLUE HEARTSをこよなく愛する板前の父に影響を受けて育つ、15才で洋楽HIPHOPと出会い、リズムでの感情表現に魅了されダンスを始め、ダンサーとして活動。ヤンチャな風土に揉まれて生活するうちに自らリズムを吐き出し感情表現するようになり、徐々にラップをメインに活動するようになる。福山活動時、ストリートアルバム5枚リリース、UMB広島大会福山準予選3回優勝。2015年、THE AXIS RECORDSに加入、UMB広島予選優勝、MV【TURTLE WALK】公開、ULTIMATE MC BATTLE GRAND CHAMPIONSHIP2015出場、2016年、MV【ライフトラベル feat. 仏師】公開。THE AXIS RECORDSからEP"LIFE THE DIG"リリース、各地をリリースライブ&ライブで回る。中核市福山で培った心根、独自の観点 哲学 リズム 頓知力 を武器に独特のハスキーボイスでHIPHOPを表現する、アンチと言い訳を区別出来るMC。

【MV】HI-JET -reVERSE feat.LAZY&RINJIN13GO Track by EST of PHANQ ROWLLERZ

【MV】 HI-JET - ライフトラベル feat.仏師

ZAO

ヒップホップを確固たる根幹として据えながら、様々な音楽要素を柔軟にINPUTしたそのスタイルは時にハードに、また時にはメロディアスに独特な視点と歌い回しで唯一無二の世界観を発揮し多方面から注目を集めている。「MVJI竿゛(マジザオ)」の名でMVJIMOB、LAZYとのBAD MONDAYのメンバーとしても活動中。

【MV】「Dokokara」ZAO with Anna Ishii

【MV】千年樹 feat. ZAO/呼煙魔

DJ ZEEK (DT-Sound / OBG / BLOCK BASTA)

岡山出身のDJ、トラックメイカー。Underground Hip Hopを中心に、Jazz、Soul、Electronica、DubStep、etc,,,ジャンルを問わない選曲と抜群のセンスでフロアをロックし、各地から信頼を受け続ける。現場で磨き上げられたスクラッチや二枚使い、超絶なミックスのスキルに、ZEEK独特の選曲をスパイスにしたPLAYは必見の価値あり。これまでに多数のMIX CDをリリースし、2009年には、日本が誇る名門レーベルOILWORKS recから限定MIX CD【Drive TechnicS】をリリース。2012年、DJ ZORZI(OILWORKS) 主催の「音で会話」する BACK 2 BACKシリーズ 【SOUND TALK】に参加。2015年、Soulpot Recordsから発売された【WHITE SAUCE】は各地で称賛を浴び、数あるMIX CDのネクストレベルを打ち立てる。また、トラックメイカーとしても高い評価を受け、2011発売されアンダーグラウンドシーンの注目となった【グラフィティドキュメント DVD / KILL THE CITY】、同年(2011) 、音と映像を融合させ各地の話題をさらった極上のコンピレーションDVD【OILWORKS V.A / The Visionaries】などに楽曲を提供。【NAGAN SERVER / kokyu Remix】など、リミックスワークなども手がける。2015年には、MARKERSTUDIO からシンガーCHIYORIとの楽曲【Sincerely 〜 Dear Inujima Jamboree】が7inchでリリースされるなど、多彩なスキルを発信。独自の活動を展開し、新たなステージへ日々進行している。

OfficialWebsite

CHIYORI × DJ ZEEK / Sincerely ~ Dear Inujima Jamboree ~ CM

MAHBIE (WATER POINT / HEZ VIRUS)

岩手の大地に育まれたビートレスラー。山梨在住。各地でDJやBEAT LIVE巡業を重ねる。岩手の大地に育まれたビートレスラー。山梨在住。各地でDJやBEAT LIVE巡業を重ねる。DJ KIYO、DJ CHOKU、grooveman SpotのMIX CDへのTUNE INを経て、自身のビート集"FLYDAY NIGHT BLUES EP"を発表。2017年 APPI JAZZY SPORTにトップバッターとして出場。同年秋にはJAZZY SPORTから1st アルバム「Space Brothers」、客演に田我流、Bobby Bellwoodを迎え、STEEEZO"EEE" Remixを収録した7 inch「Space Brothers」をリリース。最近は田我流のBACK DJもこなす。生きとし生けるものすべてに感謝し、ユルクフトクアソンデイル。

MAHBIE/Space Brothers feat. 田我流 & Bobby Bellwood

MAHBIE - FOR PARTY MONKS from FLYDAY NIGHT BLUES EP

深江 (Halt. & KENTA)

北海道を代表する、ALTERNATIVE HIPHOP CREW、"MIC JACK PRODUCTION"のディレクター&トラックメイカーである"Halt."と、同じく北海道を代表するハードコアバンドである、"YUKIGUNI"をリードギターとして牽引し、あの”SLANG”へのサポートや、ソロでの活躍も目覚ましい"KENTA"が、互いの異なる音楽性を掛け合わせ、共通項である趣向の更に延長線上に、新たなフォームを創り出す事を目的として結成された"深々奇鋭即興型ユニット"。Halt.は、"AKAI MPC-1000"と、"KORG ELECTRIBE"等を操り、バックトラックとSEを担当。KENTAは、ギターとそれに準じるエフェクターを担当する。

深江(HALT.&KENTA) 2016.05.02

符和 feat RITTO - 緑線 (Halt.Boombap Mix)

ACHARU

シンガーソングライターacharuとしてアンダーグラウンドHipHopシーンで活動を始め、数多くのアーティストへの客演で多くの楽曲に色を添える。2010年にマイクアキラ(四街道ネイチャー)の立ち上げたレーベル”首脳組”第1弾アーティストとして1st ソロアルバム"Nasty"をリリース。NIPPS(BUDDHA BRAND),B.D,なのるなもない(降神),BRON-K,ZIGHT,タカチャ,そしてD.O(練マザファッカー)を客演に迎え、約半数の楽曲をセルフプロデュースし、その音楽性の高さで話題に。その後も数々のアーティストとのFeaturingやコーラスワーク、アイドルグループや子供向けの楽曲プロデュースなど幅広く手がけている。唯一無二のスタイルで幅広く活動中。

acharu "City Light" feat D.O p.v

LEMS feat. acharu / Touch the Sky

taiSHō (NEKST)

広島を拠点に活動するヒップホップグループNEKSTのフロントマン。レーベルNEKST RECORDINGSの代表。独特なワードセンスとジャジーなムードで異彩を放つMC。2012年、ソロ 1stアルバム「WAY OF LIFE」2014年、ソロ 配信シングル「CODE OF STREETS」2017年、NEKST 1stアルバム「壁を破る」をリリース。県内外でのライブ、楽曲制作、客演等、勢力的に活動中。ヒップホップのみならずグッドミュージックが集う場には欠かせないアーティストの一人である。

【MV】NEKST 壁を破る

【MV】NEKST - DREAMER

Jambo Lacquer

北大阪 服部緑地周辺。RAP / POPPING / トラックメイカー 幼い頃から踊る阿呆。自身の別名義 BomJa Break (ボンジャブレイク) としてビートメイキング・映像メイキングも行うNEO JAPANESE. 服部緑地集団WARAJIの一員としても活動する。他に類を見ない歌うSOULRAPは一聴の価値あり。ソロのリリース作品「JL-EP」(2012)「IRISHCREAM」(2013) 2016年には「SETTINGOFF」「POOL CASE」の2枚のAlbum & Inst EP音源をリリース。メローな瞬間によく出現する。只今next.

Jambo Lacquer "マスヨウニ" 【MV】

Jambo Lacquer × DUSTY HUSKY "MIZUWARI"【MV】

RITTO

1984年、沖縄県石垣島生まれのラッパー。ギタリストの父親の影響で、幼い頃より音楽と隣り合わせの生活を送る。“リット”は本名で、ギタリストのリー・リトナーに由来。17歳よりラップをはじめ、フリースタイルで数々のライヴに出演、2006年の〈ULTIMATE MC BATTLE〉沖縄代表として出場を果たす。2009年には赤土を結成、音楽レーベルを設立し、2013年に自身初のフル・アルバム『AKEBONO』を発表。2014年にはEP「Mi far Yu」をリリースするなど、“沖縄屈指のストライカー”として活躍中。

「夕陽は赤く(Yah-man Version)feat. RITTO×ALTZ」

RITTO×OLIVEOIL「国際チャンプルー」

SURRY

和歌山 86's G.B.city Rapper 0738 2003頃に日本語RAPを食べ始め次第にMICを掴む事が面白いと認識。MC BATTLE等で和歌山の存在価値を提示しつつ「KSC RECORDS」を設立しEP,albumもRELEASE。又、hood crew「KINOKUNI」やRAPだけじゃ足りなくなった故 BEAT MAKERとして「TB crane」という仮面もさり気なく持ち、自身が生まれ育った街と音楽を作りながら遊び生きる為には…と考え抜いた末 HIPHOP ICON SHOP「Banguard」もついでにOPEN。SURRY自身がこのジャンルに対する姿勢と言うのは決して直球では無いのだが、探求と意欲が周囲よりも少し溢れているような気がしなくとも無いからこそ…ダサい、カッコいいと言った点数決めなどの意識も薄くなり、そこに惑わされて目の前が見えずらくなるといった状況に陥る事を拒絶しているこの頃である。またKSCのオンボロマンションで何かしら製作中。

コトノハノニワ/SURRY

JUST RUN feat.KINOKUNI/SURRY

BUPPON

山口 THE AXIS RECORDS代表。12inchシングル「SYNCHRONICITY」でシーンにその姿を現し、UMB広島予選2008年、2012年のチャンピオンにも輝く。その後 1st ALBUM「蓄積タイムラグ」EP「明後日」などをリリース。近年ではtha BOSS(THA BLUE HERB) 「IN THE NAME OF HIPHOP」KOJOE「here」などのビッグタイトルにも参加。数々の名立たるアーティストの共演も果たす。2017年、待望の2nd ALBUM「LIFE」を発表し、自身初となる全国TOURを決行。2018年早くもNEW ALBUMリリース予定。

BUPPON "ON FIRE"(prod. by MASS-HOLE) - Official Video -

【MV】 BUPPON - 烏 feat. KOJOE

SUIKO

身体の持つ自然な動きによって生み出される躍動感・生命感のあるダイナミックな表現を得意とするグラフィティ・アーティスト。日本の侘び寂びとヨーロッパの情緒、それに相反する攻撃性をもった配色は、独自の色彩論と評される。年々レコードを更新しながら大壁画を出現させ、招待された国は15カ国を超える。近年では壁を媒体とした表現にとどまらず、ウォルト・ディズニー、コカ・コーラ、アディダス、ユニバーサル・スタジオなどへもアートワークを提供するなど様々な企業とのコラボレーション/プロジェクトを発表し続けている。グラフィティショップ兼アートスタジオ「dimlight」代表 アーティストコレクティブ「THA」アーティスト / アートディレクター

instagram.com/suiko1

instagram.com/dimlight.jpn

Kowree

島根代表の絶対的MC。これまでに自身名義で2013年1st Album「Straight Out From Cloud」2014年EP「COAST TO COAST」2016年2nd Album「REASON TO LIVE」 2017年Kowree×呼煙魔JOINT ALBUM「2PENETRATE」 、客演作品では符和 / 晋平太 / LIVING MADE SLIDER(MOL53&kidblazz)/ LOWSCHOOL(FRANCE)etc…と多数の作品で確実な存在感と足跡を残している。UMB島根予選では無敗の4度制覇、フリースタイルでも全国にその名を知らしめている。時代の風に動じないターボライター、経験を哲学に変えるハードライマー。2019年3rdAlbumリリース予定。

Kowree - “真夜中の太陽” Music Video

Kowree/FLY AGAIN

FEIDA-WAN

ラッパー兼HIP HOPレーベル「THE DILLINGERZ FIRM」 代表。2008年にFLYDAY RECORDSから発売されたTOU GEN KYOU名義の12インチ「THE RIOT」を皮切りに「SPIRITS」「DIESEL BURN」「WILLVANA」の3枚のアルバムを発表。2015年に4年振りとなるミックステープ「DIESEL BURN 2」をリリース。そして2018年、新アルバム「LEQUIEM」を発表する。

【VIDEO】FEIDA-WAN / The Presentation

NIPPER THE FILM / Toshihiko Suzuki

Tokunoshin

本名、徳田紳之介。島根県松江市出身。

自然と音楽をこよなく愛する写真家。

10代のころ、多種多様な趣味を持ち、その中で自分を一番表現できる「写真」にのめり込む。 2014年、クラブイベント「残響」にPhotographerとして参加。 島根を代表するトラックメーカー「符和」をはじめとする残響のクリエイター、アーティストたちが創り出すものにインスピレーションを刺激される。 同年夏より、写真家として本格的に活動を開始。 アンダーグラウンドから行政関係まで幅広い撮影を行う。中でもクラブシーンでの活動が主で、地元を中心に様々なアーティストのアーティスト写真やジャケット写真などを撮影。また、ミュージックビデオなどの映像作品も手がける。写真家として様々な作品を創り、自己表現と同時に、作品を通して地元「島根」の魅力を発信。